JobtaS

アルバイト探しはもちろん転職や就職、派遣の仕事探しに役立つシゴトタイケンメディア

50歳からの転職は可能?50代からの仕事や転職事情をまとめてみた

20代や30代のころは転職をする際もまだまだ仕事を選ぶ余裕もあった人でも40代から50代に差し掛かってくると、そんなことも言ってられない状態になってくる。

特に30代~50代にかけては人生で最もお金のいる時でもある。もちろん結婚して家庭を持っている人の場合ではあるが、ずっと独身であっても人によっては親の介護や金銭面での援助をしないといけない場合もある。

さらに自分がもし病気になった時のこと、自分の老後のことを考えると少しでも蓄えをしておかないと不安にもなってくる。

昔と比べて最近は40代、50代もまだまだ若いとは言われてはいるが、そろそろ体にガタが出始めたり、人生について考えたりするのもこの頃のはずだ。

そうなるとやはり頭を悩ますのはお金と仕事である。仕事も順調で十分満足できるだけの収入を得ている人であれば問題はないかもしれない。しかしそうでない人のほうがはるかに多いのが今の日本の現状だ。50代になってもやりがいを持って働ける仕事があれば転職したい、今より少しでもたくさん給料をもらえるのなら転職をしたいと思うのも無理はないだろう。

50代で転職と言っても手に職がある人、キャリアを築いている人もいれば、単に職を転々としていただけの人も少なくはない。今回はタイプに応じて解説をしよう。

社会人になってからずっとひとつの会社で働いている人

1つの会社で10代20代から50代までずっと働いている人は意外と多い。特に今の50代と言えば、社会人になったのは30年ぐらい前。今のように転職が当たり前ではない時代に社会に出た人たちだ。

こういう人が転職するとなると、はっきり言ってもの凄いエネルギーが必要となる。なんせ人生で初めての転職だからだ。実際このタイプはいろいろ考えて検討した挙句、結局は転職しないというパターンの人が意外と多いのだが、それでも自分が納得できるのなら問題はない。要は転職をするのではなく、自分が納得する道を見つけられるかどうかということだ。

プロ野球選手たちがFA権を行使して、自分の市場価値を知り、元の球団に残るというパターンと同じようなものだ。

今の会社に自分と言う人間が必要とされているということ、そしてあんなに青く見えていた隣の芝が思ったほどではなかった、ということが分かるだけでも幸せ度はアップする。

もちろん隣の芝生、つまり他の会社が本当に良いところであれば思い切って転職をしたって構わない。

要は転職をしようと行動できるかどうか?ということだ。定年退職を迎えたときに今を振り返って、「あの時転職していれば・・・」と思わないように、一度行動に移してみた上で決めればいいのだ。

今は転職エージェントなどがあるから、登録するだけでも自分の市場価値というのはある程度分かる。さらにどんな会社からどんなオファーがあるのか、エージェントによってはスカウトを受けられる場合もある。

まずは転職エージェントなどに登録して一度自分の市場価値を見てみるというのはすごくいいことだ。いろんな会社と面談したり転職エージェントの話を聞いた結果、自分がいかに恵まれている職場であるか?というのが分かるかもしれないし、本当にもっといい職場が見つかる可能性だってある。

将来後悔しないためにも一度は行動してみるというのも悪くはないはずだ。

いろんな会社を転々としながらなかなかいい会社が見つからない人

今までいろんな会社を渡り歩いて来た人も多いかもしれないが、このタイプは2つに分けられる。ひとつは自分の専門分野や得意分野を持ちつつ職場だけを変えてきた人、もうひとつは中々自分に合った仕事が見つからず、派遣なども含めていろんな職を転々としてきた人だ。もちろん中には自営業や会社経営などから失敗して新たに仕事先を探すという人もいるだろう。というわけで2つのパターンに分けて解説をしよう。

専門職や得意分野がある人

自分の専門分野がある人は転職にはもちろん強い。もちろん業界や職種、スキルレベルにもよるので一概には言えないが、今までの経験を買ってくれる会社は多いだろう。

ただ必ずしも給料や待遇がアップするわけではない。50代という年齢的なこともあり、専門分野があったとしても、それ自体の知識やスキルよりもマネジメント能力を重視する会社も多いからだ。

また50代からの転職の場合はなかなか新しい会社に馴染むのが難しいのだが、今までいろんな会社を渡り歩いて来た人は意外とコミュニケーション能力が高い人もいる。

そういう意味では転職にそれほど抵抗もなく、さらに専門分野の知識やスキルを持っている人と言うのは年齢に関係なく最も転職向きかもしれない。

特に専門分野もなくいろんな会社を渡り歩いて来た人

50代でこのタイプだと一番就職先を探すのは難しいかもしれない。なかなかやりたいことが見つからなかったと言う人は自分の能力以上のものを求めすぎている傾向が強い。まず現実をしっかりと認識することが必要だ。

人生50年も生きていればある程度自分の立ち位置というか能力も分かるはずだ。そこでやりたいことではなく、まず自分ができることを見つけよう。自分ができないのにやりたい仕事を探そうとするとなかなか面接に行く勇気も湧いてこないだろう。だから自分が確実にできる仕事をまず書き出す。そしてその中から自分がやりたいことを見つけるという方法だ。

ある意味妥協かもしれないが、これはポジティブで幸せな人生を送るための妥協だと言える。給料は多いに越したことはないが、年齢的なことも考えると体への負担も少ない仕事のほうが良い。目先だけの給料にとらわれず、できる限り少ないストレスで長く働ける場所を見つけるほうがトータルで考えると得をする可能性が高い。仕事内容や環境、居心地などいろんな視点で探してみる必要があるだろう。

50代から未経験の新しい仕事を始めたい人

人生は一度きりだからもちろんありだろう。50代60代から起業する人だってたくさんいる。フライドチキンで世界的に有名になったカーネルおじさんだって、40回以上転職を繰り返した挙句、ケンタッキーフライドチキンのFC展開を始めたのは還暦を過ぎてからだ。人生どこでどんな成功が待っているかなんて誰にも分からない。

70代80代でも現役でバリバリ働いている人がいる時代だ。今50代ならその年齢に達するまでにまだ20年~30年ぐらいある。その頃にはさらに医療も発達しているだろうから、もしかしたら80歳90歳ぐらいまで働ける時代が来るかもしれない。今以上に元気な老人が増えているだろう。

仮に50歳から何かを始めたとしても70歳までにはまだ20年はある。独立やフリーランスとしても活躍できるような仕事であれば一生涯働ける可能性もある。新しいことを始めるのに遅すぎると言うことは全くない。やれる自信があるのなら年齢に関係なくどんどんチャレンジをすべきだろう。

 

 

 

[30歳男性年収820万円]モノ作りが好きでデザインの道へ!化粧品などの販促ディスプレイの設計職に就く≪みんなの就職体験談≫

就職体投稿者データ

性別:男性
年齢:30歳
業種:化粧品や医薬品等の販促ディスプレイ設計・デザイン
職種:設計・デザイン
雇用形態:正社員
給料:年収820万

デザイン関係の仕事につくまで

小さい頃から絵を描くことやモノを作るのが好きで、将来もモノ作りの仕事に従事したいと思っていました。また父も製造業の経営者であることも、私のモノ作りへの道への後押しとなりました。そして大学において、他学科の単位を取る為に受講した芸術科の講義に感銘を受け、それがデザインへの道を私に歩かせることになったのです。中でもサインやPOP、販促物といった産業デザインに特に興味を抱きました。モノ作りとデザインは切っても切り離すことのできないものであり、デザインが消費者の心理に及ぼす影響や、販売意欲を高揚させる作用があることは、私にその分野への仕事を熱望させました。

就職先を探すに及び、世の中の産業デザインや販促物は印刷会社や紙器デザイン会社等が製造していることを調べ、都内にある会社数社に面接を受けに行きました。出版業界やデザイン産業が人手不足なのかはわかりませんが、受けた会社から採用通知を頂き、その中の紙器のデザインから設計・製造まで行っている会社に入社しました。この会社にした判断理由は、デザインとモノ作りの両方を手掛けられる仕事がしたいという私の願望と見事に合致したからです。印刷会社やデザイン会社は販促物には手を出しているのですが、残念ながら肝心の製造には手を出しておらず、製造は外注に出している会社ばかりでした。

紙器設計という仕事と特異な職場環境

私が配属された部署は設計部であり、この部署はデザイン部から廻ってきたラフスケッチやイメージ図を基にサンプルダミーとして設計し・組立を行う部署です。もちろんクライアントとの打ち合わせには同伴し、デザインを含めた打ち合わせを行うので、デザインと製造両方に関われる、正に理想の職場と言えます。設計はCADで行い、その設計展開図を機械でカットしてサンプルダミーを作製するとうのが大まかな流れであり、入社して半年程はひたすら機械で資材をカットし、組立アシスタントとして基本的な操作や組立てを学びました。それから徐々に箱の設計や簡単な什器の設計を覚えていくのですが、覚えるべき知識や設計のルールが膨大にあり、悪戦苦闘する日々が続きました。

 基本的に一つの仕事に担当の設計者が一人着くので、チームワークや協調性等はあまり必要とされない職場であり、先輩後輩という上下関係よりも設計力の有無が上下関係の基準になっていることに驚きました。これは給与の基準とも合致し、年配の人よりも若手の実力のある人の方が給与の高い人が何人もおり、能力至上主義ここに至れりという心境になります。

設計職の良い点・悪い点

設計という仕事はとにかく正確さが求められます。クライアントの無理な要求や営業の要求、強度や見栄え、そしてコストといった問題を全て網羅しなければなりません。自分の設計したモノが大量生産され、世に出回ることは大変喜ばしいことであると同時に、設計に不備があれば大問題になります。化粧品や医薬品の什器は日本全国で展開されるものばかりで、問題が有れば作り直し等の多額の費用はもちろん、一番大切なクライアントからの信用を失うことになります。逆に言えば、そこまでの責任を負った仕事であるという誇りも持てる職業なのです。

ただ、仕事が正確でなければならない以上、思うようにうまく設計できなければ、それだけ長時間労働になりかねません。頭の中で設計した展開図を組立て、多方向から眺めることが必要とされるので、相当脳が疲れますし、集中力が持続出来ない人には向きません。また設計職程、向き不向きが出る業種も少ないのではないでしょうか。忍耐力と自己解決能力、そして空間認識能力がものを言う職場なので、思うように能力が上がらず、退社される方も多くいるのが事実です。

設計職を考えている人に一言

前述した通り、設計という仕事は誰でも出来る仕事ではないかもれしれません。しかし、設計力はやれば誰にでも身に付けることが出来ます。その速さに個人差はあるものの、直向きに取り組めば自ずと結果は付いてくるのです。世の中に無い物を生み出す仕事は、とても有意義でやり甲斐に溢れたものだとうことだけは、設計に興味がある人に申し送りたいと思います。

派遣社員のメリットもこんなにもある!デメリットばかりが先行しがちだが、1つの働き方として選択肢に入れるのも悪くはないかもしれない。

派遣社員と聞くと何を思い出すだろうか?何となく底辺の仕事のイメージではないだろうか?2008年に話題になった派遣切りという言葉も手伝って、かなりマイナスなイメージが強いだろう。

昔なら正社員かアルバイトという雇用形態はこの2つがメインだったが、今の時代はいろんな雇用形態が生まれている。その中で特に広まったのがこの派遣という働き方だ。

しかしどちらかというと暗いイメージのある派遣だが、実は派遣社員ならではのメリットもたくさんある。派遣=悪というわけでは全くないし、自分のライフスタイルに合わせて働ける派遣は考え方によってはいいこともたくさんあるぞ。

そもそも派遣社員とは何なのか?

その前に派遣社員についていちおう説明しておく。まず派遣社員というのは、実際に働く会社に雇用されるのではなく、派遣社員として登録した会社との雇用契約になる。つまり登録先企業から実際に働く職場へ「派遣」されるから派遣社員というわけだ。

時々契約社員と派遣社員をごっちゃにする人がいるようだが、契約社員の場合は実際に自分が働く会社に直接雇用されるから、派遣とは大きく異なる。

派遣社員のメリット

では派遣ならではのよいところをいくつか挙げていこう。人によってはあえて派遣を選んだほうがいい場合もあるかもしれない。

・正社員ではなかなか入れないような大手企業で働くことが可能

どちらかと言えば暗いイメージの派遣だが、仕事の内容は実にいろんなものがある。派遣というと工場内のラインの作業が思い浮かぶが実際にはそれだけではない。職種はかなり多く、大手企業のコールセンターや事務職、受付スタッフ、百貨店などの販売スタッフなどいろんな企業で募集をしている。IT企業なんかの企画やマーケティングなどで働いている人間も実は派遣で時給で働いているという人間も少なくはない。

・サービス残業は皆無!働いた分はきっちりともらえるし休みも取れる

入ってみれば思ってたのが違う!というのはよくある事だ。まあ人生なんてたいていのことは思ってたんと違う!の繰り返しではあるが、一般募集で直接雇用の場合、給料が思ってたほどもらえないとか、ボーナスが全然ないとか、予想以上に残業ばっかりだとか、、、そんな場合文句を言っていくところがないわけだ。せいぜい同僚たちと帰りに居酒屋で愚痴るぐらいしかできないだろう。

しかし派遣の場合はあらかじめ派遣する側、つまり自分が登録している派遣会社と実際に働く職場で給料や勤務時間が決まっている。だから予定外の残業や休日出勤などはほとんどないと思っていい。つまり勤務時間などある程度自分でコントロールすることができるのだ。

基本派遣する側の担当(営業)がしっかりと交渉をしてくれることになっているので企業側も無茶なことはできない。もし派遣された人をサービス残業で使うなんてことになれば、派遣側の会社も損をするので黙っていることはないはずだ。つまり派遣側はこちら側の味方でもあるわけだ。

・期間限定で働くこともできる

派遣なので例えば何かの勉強するためとか2年ほど働いてお金を貯めるとか、自分で期間を決めて働くこともできる。当たり前だが正社員で雇われた場合はそんなことはできない。もちろん2年後に辞めることはもちろん可能かもしれないが、最初からその設定で雇ってくれるほど世の中は甘くない。その会社で出世を考えるのではなく、一定期間の安定を求めるのであれば、派遣はかなりいい環境でもある。

・どうしても合わないなら派遣先を変えることも選択肢としては可能

企業に直接雇用されたら少しぐらい人間関係がうまく行かないからといってそう簡単に辞めることはできないが、派遣の場合はその会社に雇用されている訳ではないので、派遣先を変えてもらうという手もある。もちろん社会人でもあるので多少の我慢も必要ではあるが、どうしても無理な場合はそういうこともできるということだ。

・実は待遇はそれほど悪くない

もちろん正社員と比べれば待遇は劣るかもしれないが、アルバイトなどで働くぐらいなら派遣社員のほうがよっぽどいい。給料もバイトと比べればはるかに高いし、福利厚生もしっかりしているところもある。

・転勤がない

正社員でも大手でなければ転勤はないかもしれないが、派遣の場合はもちろん100%転勤などはない。同じエリアでずっと安定して働きたいと考えるのであれば、ひとつの働き方としてはありかもしれない。

では派遣社員のデメリット何か?

メリットについていろいろと挙げたが、ではデメリットについては何か?というとまあだいたい想像の通りだと思うが、やはり出世や昇給が見込みにくいということだろう。もちろん派遣から正社員へ採用されるというパターンもあるし、派遣のままでも多少の昇給などもあるようだが、一般企業の正社員のように昇給したり、出世したりすることはない。

他にもボーナスがないとか福利厚生がほとんどないなど正社員と比べるとやはり待遇の悪さは感じる人も多いだろう。最近は同一労働同一賃金という概念もあるが、同じ労働であっても正社員の場合は派遣社員に比べて責任が大きいため、全く同じ待遇という訳にもいかない。

とは言え、派遣の待遇も最近では少しずつ見直されてきているし、ボーナスや昇給があるところも実際にはあるようだ。

 

[36歳女性年収340万円]ブランドショップのスタッフから夢であった広告業界の仕事へ転職≪みんなの転職体験談≫

転職体験談投稿者データ

性別:女性
年齢:36歳
業種:広告制作会社
職種:ディレクター・コピーライター
雇用形態:正社員
給料:年収340万

夢であった広告業界を志望

大学ではアパレルデザインを専攻しており、染・織・編といった素材から作り出す勉強をしていました。

大学卒業後は、デザイナーズブランドでショップスタッフとして6年勤めました。

退職後、兼ねてからの夢であったロンドンへ1ヶ月間の1人旅をし、この旅でのことを旅行本にしたいと思い、帰国後に執筆活動を始め、旅行本を出版しました。

執筆活動を通して、以前からやってみたいと思っていた広告やデザインの仕事に携わりたいと考えるようになり、広告制作会社を志望しました。

私が志望した会社では、ディレクター・コピーライターを募集しており、広告業界は初めてでありましたが、出版予定であったロンドン1人旅の旅行本の原稿を面接で持って行ったところ、「文章も書けるのか」と社長に興味を持っていただき、後日2次面接の連絡をいただきました。

2次面接では、広告業界ということもあり、「私服で面接に来るように」とのことでした。

私服と言っても社会人ですので、派手すぎないものでセンスを感じるものを選びました(デザインの施されたシャツにワイドパンツを合わせたコーディネート)。

1次・2次面接の結果、ディレクター・コピーライターとして採用されました。

初めての広告制作会社での仕事

アパレル業界で勤めていた経験を活かせるということで、SC(ショッピングセンター)の広告担当に配属になりました。

仕事内容は、チラシ・ポスター・販促物などの制作にあたり、内容構成・コピーライティングを行います。また、制作物のスケジュール管理、店舗校正、クライアントとの打ち合わせなど、幅広い業務がありました。

職場環境ですが、広告業界では珍しく女性の多い会社であり、職種柄なのか男性のようなサバサバしている人が多かったため、女性特有の嫌な感じはなく、大変仕事のしやすい環境でした。

上下関係もさほど厳しくもなく、どちらかというとラフです。

忙しい業界ではあるので、なかなか飲みに行く時間を作るのは大変でしたが、時間があれば同僚と飲みに行ってストレス発散をしていました。

残業がない日は、ほぼありませんでした。毎日、終電で帰るようなときもありましたし、クライアントとのやりとりが終わらない場合は、徹夜になることもありました。

仕事のやりがいは、担当しているSCへ直接出向き、次のチラシに掲載する商品の選定や企画など、全店舗に回り説明するのですが、初めてお会いしたとき無愛想だった方が、何度も行くうちに段々と親しげに話してくださるようになり、ショップスタッフの方とコミュニケーションが取れるようになったことはとても嬉しかったです。

コミュニケーションが取れることで、掲載商品の相談などもスムーズにでき、お互いが楽しんでできました。

広告業界のメリットとデメリット

広告制作会社に入社して良かったことは、SCの制作物に関わることで、制作物が出来上がったとき、実際のものを手にしたり、目にしたときに誇りに思えることです。コピーライターがラフを仕上げ、それをもとにデザイナーがデザインをし、文章やコピーを入れ、デザイナーとコピーライターの共同作業で生まれる制作物により、信頼感も深まります。時間をかけて作り上げたものがカタチになったときの喜びは大きいです。

デメリットは、時間が不規則なことです。終電で帰り、そこから夕飯を食べ、睡眠時間は3~4時間が基本でした。そんな忙しい上に、土日も出勤することもあり、友達と遊ぶ約束ができなかったりするのは辛いときもありました。

広告業界を志望する人へのアドバイス

広告業界が時間に不規則で多忙な職種であることは有名だと思います。そういった職種であるため、とにかく体力に自信がある人ではないとできません。毎日が仕事に追われており、簡単に休むことはできません。

グラフィックデザイナー・コピーライターという職種は特殊ではありますが、誰にでもできる仕事ではないため、大変やりがいのある仕事です。コピーライターに関しては、未経験であっても文章を書くことが好きな人であれば、やればやるほど文章が書けるようになります。制作物を通して、デザインの感性もついてくるので、センスも磨けると思います。

[58歳男性年収900万円]中堅の時計メーカーから複写機業界の生産部門へ転職≪みんなの転職体験談≫

就職体験談投稿者データ

性別:男性
年齢:58歳
業種:複写機業界
職種:生産部門
雇用形態:正社員
給料:年収900万円

時計メーカーから複写機メーカーに転職しました

大卒で入社した会社は中堅の時計メーカーでしたが、業績悪化で最初に配属された研究開発部門から1年後に親会社への出向が命じられました。

この時から会社の将来性に疑問を持ちましたが、親会社は信州に本社がある業界でトップの会社であり親元から離れて一人暮らしをするチャンスと考えて出向に応じることにしました。

仕事は半導体工場での生産関係で毎日クリーンルームで仕事をしていましたが、ほとんど自動化された設備で生産されるので設備のメンテナンスが主な仕事でした。

仕事自体は大したことはありませんでしたが、それでも学ぶことが多く技術力の違いを感じました。

出向してから転籍できる可能性もありましたが、1年後に元の会社に戻されてしまいました。

そのころから違う業界で上位の会社に転職する気持ちが芽生え、転職支援会社に登録して探すことにしました。父親が事務関係の仕事をしていたことや、精密業界が向いていると考え大手の複写機メーカーをを第一候補の転職先としました。

転職支援会社の担当者は受かるはずがないので別の会社を検討するようにといわれましたが、なんとか面接を設定してもらうよう頼みこみました。

しばらくすると面接の日程が決まり、本社での1次面接、勤務する技術面接を経て無事採用が決まりました。なぜ入社できたのか疑問でしたが今考えると出向先での経験や電気の知識を有していることが役に立ったのかと思います。

会社での仕事について

入社以来生産部門に配属されていますが最近は製品の組立性についての仕事をしています。

複写機は部品点数が1000点以上あり、ほとんどの部品が人で組立てられます。

組立性がよくないとミスを誘発したり時間がかかるので製品コストが高くなるので設計に対して生産側視点で形状変更することが主な仕事になります。

職場は工場内にありますが、国内では製品はほとんど組立されていません。生産拠点は他の会社と同様に中国やベトナムで生産されています。

入社当時は年功序列でしたが、最近は成果主義に人事制度が変更されています。そのため課長職も40代の人がいる反面フラットな組織になっているため昇進試験は難しくなってきています。官公庁に強いというイメージと外資系の資本も含まれていることからドライな会社と思われていますが、他の日本企業と変わりません。複写機は世界的に見ても日本のお家芸のところがありましたが、成熟産業から少しずつ衰退産業へ移行してきています。

パソコンやインターネットの普及でコピー用紙を使用しない社会になってきていることが一番の要因です。自社だけではなく他のメーカーも同様で複写機以外の分野を開拓しようとしている時期といえます。

経験して感じたこと

組立性をよくすることにより、実際に作業する人から感謝されることがありますがこのときはやりがいを感じることができます。組立性がよくなると自動化もしやすくなるので設備開発の仕事も担当していますが、ロボットで部品を高速で組立できたときは達成感も味わうことができます。

上下関係も厳しくないので自由に仕事を任せてもらえますが、失敗すると評価が落ちるので冒険できないところが欠店です。

大企業なので会議も多く、技術者として無駄な時間が多いと思っています。最近は残業規制でほとんど残業ができないので体は楽ですが生活費に影響がでていることは確かです。

生産部門は設計部門と比べて年齢層が高いので若手がすくなく活気がなくなってきています。国内に生産拠点を戻さない限り生産部門も退職者を補充しないで人を減らしてきている感じはしています。

生産部門で働くことを希望している人に対してのアドバイス

生産部門は工場勤務なので女性社員も少なく華やかさは欠けます。地味な仕事の積み重ねで表舞台にでることはない縁の下の力持ちであることは間違いないです。


組立性も学問として確固たるものがないので経験を積まないと身に着けることができません。逆にいうとコツコツと忍耐力がある人には向いている仕事だといえます。

ロボットを使用した設備開発もできるので、興味がある人には面白いと思います。職場の人も助け合う雰囲気があり、ベテランの仕事をみて参考にしながら自分独自の仕事のスタイルを確立することも可能です。

経験を積めば積むほど良さがわかってくるのが生産部門の仕事だと思います。